専業主婦,カードローン,NG

専業主婦カードローンでのNGとは?

専業主婦がカードローンを利用する場合は、派遣社員やパート勤務の主婦よりも注意点が多くなります。

 

カードローンの審査を受ける専業主婦が絶対にしてはならないこととしては、

 

1.消費者金融には申し込まない
2.審査では、嘘をつかない
3.高額な希望を出さない

 

などがあります。

 

消費者金融では専業主婦は通らない

まず、専業主婦がカードローンに申込むときは、絶対に消費者金融には申し込まないでください。

 

消費者金融に専業主婦が申込んでも、審査にとおることはありませんので、無駄に時間を費やすだけになってしまいます。

 

これは、総量規制という新たな仕組みによるもので、消費者金融は、年収がない人への融資が禁止されているからです。

 

審査で嘘はつかない

また、カードローンの申込み審査では、すべての入力項目を正直に入力するようにしてください。

 

他社の借入額や借入件数などの項目もありますが、ここでウソをついてしまうと、最悪の場合、二度とカードローンが利用できなくなります。

 

他社の借入残高などは、信用情報機関への問い合わせで確認できますので、簡単にウソがばれてしまいます。

 

意味のない嘘で融資が受けられなくなるよりも、正直に伝えてしまった方が良いのではないでしょうか。

 

借りれる上限額が決まっている

なお、専業主婦の利用を認めているカードローンの多くは、融資の上限額に制限を設けています。

 

専業主婦の場合は、30万円が限度となっていることが多くなりますので、1つのカードローンに対する希望額は30万円以下にとどめるようにしましょう。

 

最後に

専業主婦がカードローンを利用するには気を付ける点が沢山あります。

 

主婦でも借りれるキャッシング※今日中に旦那にバレずに借入OK
上記のサイトには、主婦でも借りれるところが紹介されています。

 

3つのしてはいけないことを意識して借りるようにしましょう。